4/20 然別湖・森の春
2017 / 04 / 20 ( Thu )
DSC05539.jpg
雪が降ったり、晴れて気温が上がったり、変わりやすいお天気が続いています。
それでも、春の陽射しはエネルギーたっぷりで、木々の根元やガレ場の植物のまわりから雪解けが進んでいます。
顔を出したばかりの苔や地衣類はみずみずしくて色も鮮やかで、とてもきれい!!
あちこちでしゃがみこみ、じっくり楽しませてもらいました。
*4月下旬〜5月中旬は、鹿追町と然別湖で春のハイキングのご案内させていただきます。
ボレアルフォレスト・春のハイキング
DSCN1750.jpg
雪の中からこんにちは!の、ガンコウラン。
毎年、小さなえんじ色のお花に会えるのを楽しみにしているのですが…、それはまだ少し先のようですね。

DSC05555.jpg
雪解けで現れたエゾユキウサギの古い足跡。
森の雪解けは、冬の間の出来ごとをちらりちらりと見せながら、進んでいくようです。

DSC05574.jpg
そして、久しぶりに見かけたナキウサギ。
エゾムラサキツツジをぱきぱき、むしゃむしゃ食べていましたが、やっぱり、可愛いですね!

DSCN1782.jpg
雪解けの水をたっぷり含んだミズゴケも色鮮やかでした。
冬は凍り付いてカチカチでしたが、春は柔らかなスポンジのようでした。

20 : 40 : 07 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
| ホーム | 4/14 オオハクチョウ!鹿追町の春>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する