FC2ブログ
12/15 然別湖・結晶舞う森
2016 / 12 / 15 ( Thu )
DSC03282.jpg
くもりという天気予報だったのですが、然別湖へ着くと雪が降っていました。
とはいえ、カラダに積もってもはらえば落ちる軽い雪。
夏の雨とは違い、濡れることもありません。
雪でも晴れでもくもりでも楽しめるのが冬の特権ですね(笑)
しかもこの日の雪は、結晶の形のまま降りてくる美しい雪!
出発の準備をしている間にも、次から次へとキラキラ繊細な形をした雪が積もっていきました。
こんな雪の日に森で過ごすことができると、思いがけないプレゼントをもらったような、幸せな気持ちになりますね。
DSC03329.jpg
木の幹にも、苔や地衣類にもこの通り。ふっと息を吹きかけるだけで、飛んでしまう軽い雪です。
スノーシューで歩くと、足元の雪の感触はふわっふわっでした。
薄陽がさすと、光を受けた雪の面がキラキラ!その輝きが本当にきれいでした。

DSC03305.jpg
雪のシートに腰かけて、休憩!
雪を眺めながらお茶を飲んでいたら、ウェアの上にも個性的な形の雪が降り積もり、すっと融けていきました。
これはいつものことですが、ずっと眺めていると、お気に入りの形を見つけることに夢中になってしまいます。
結局は、どれもすごい!というところに落ち着くのですが…(笑)

DSC03276.jpg
エゾユキウサギの食事痕もたくさんありました。

DSC03350.jpg
今年は、今のところ、エゾユキウサギが一番元気に動き回っているような感じです。どこにいるのかなぁ。

そして昨日、嬉しいニュースもありました。
台風の後、運休となっていたJR(札幌と帯広・釧路の間)の運転が12月22日から運転再開の予定とのこと。札幌圏からのアクセスがまた少し便利になりそうです。
詳しくはJR北海道にお問合せください。JR北海道ホームページ
*然別湖へは、JR新得駅やJR帯広駅から路線バスをご利用いただくと便利です。これらの駅からの路線バスは冬期間無料でご利用いただけけます。
こちらの詳細は、拓殖バスへお問い合わせください。拓殖バスホームページ
09 : 42 : 28 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
<<12/15 然別湖・結晶舞う森 | ホーム | 12/12 然別湖・氷>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する