FC2ブログ
十勝川河口 バードウォッチング
2012 / 03 / 05 ( Mon )
DSCN1540.jpg
冬の然別湖に通って来ていただいて、早15年?以上・・・というKさん。
この3月は、連泊の中日を利用して、十勝川河口付近にバードウォッチングに出かけることにしました。晴れの天気予報だったのですが、予定外の雪。畑もまだ真っ白で、期待した鳥の姿はなかなかありません。少し時期が早かったかな~?と思いながら、たどりついた漁港で、ようやく会えました(笑)。まず、目に飛び込んできたのは、ぷかぷか水に浮かぶたくさんのスズガモ、ホオジロガモ。そして、オオワシの堂々とした姿。さらに、オオハクチョウ。そして、お昼ごはんを食べながら、鳥たちの様子を眺めていたら、タンチョウヅルが2羽舞い降りました。だいぶゆっくりと時間を過ごしたのですが、どこを見たらよいのか悩むくらい、鳥たちでにぎやかな場所でした。
これから雪解けが進むと、みんなそれぞれ移動して、繁殖の地を目指していくのですね。こんなバードウォッチングは春や秋の楽しみですが、彼らの旅が順調であることと来年の再会を、いつも願わずにはいられません。
DSCN1545.jpg
帰り道は、やっぱりおやつ。豊頃町の朝日堂でドーナツを買いました。思いかえすと1年半ぶりの味。やっぱり美味しくて、幸せな気持ちになりました。
12 : 02 : 43 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
<<湿り雪 | ホーム | 森の中はゆっくりと春>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する