FC2ブログ
突然ですが・・・その2
2006 / 12 / 21 ( Thu )
CIMG5184-2.jpg

ニュージーランドにも行ってました。両親との3人旅です。
ここは、いろいろな表情の自然景観がぎゅっと詰まった国。しかもそんな自然を楽しめるトレッキングコースがたくさんあります。私にとっては10年ぶりのニュージーランド。自分が久しぶりのあの国で、何を感じるのかも楽しみの一つでした。

写真は、移動の途中に見かけた「ニュージーランドの交通渋滞」です。羊の群れに出会った車はゆっくりとでも動き続けなくてはいけないのだとか。車が止まってしまうと羊もどうしたらいいのか分からなくなって止まってしまうのだそうです。
CIMG5088-2.jpg

「世界で一番美しい散歩道」という言葉で有名なミルフォードトラックも少しだけ歩きました。カーテンのようにゆれる地衣類と木々の新緑。あたり一面緑の世界が印象的な道でした。森に響く鳥たちの声は軽やかで美しく、音楽を聞いているようでした。見たことのない植物や鳥を見つけては立ち止まり、座り込み・・・、こんな調子で、あまり長い距離は歩けませんでしたが、あの深い森に浸った時間が心地よく忘れられません。できればもっと長居させてもらいたかった場所です。
CIMG5172-2.jpg

Mt. アスパイアリング国立公園、ロブロイ氷河です。この氷河を間近に見ることが目的のため、この日は少しだけ一生懸命歩きました。ここではコース対岸の絶壁を落ちるたくさんの滝が楽しみの一つでした。日本なら立派な名前がついてもおかしくない個性的な滝がたくさんあり、その景観に感動の連続だったのです。しかし後になって聞いた話では、ほとんどが雨のためにできた滝で、普段は見られない!とのこと。冷たい雨の中歩いた甲斐があったようです。そして目指すロブロイ氷河はその一番大きな滝の上に広がっていました。岩に張り付いた分厚い青い氷河は近づきがたい迫力がありました。そして人気のないその場所で、氷河から発生する雪崩の音を耳に、不気味な氷河を見つめていたら、とても遠くにタイムスリップしたように感じてきました。
CIMG5142-2.jpg

有名なミルフォードサウンド。氷河によって削られた山々と海の景観が美しい入り江です。約2時間、クルーズ船の上からこの風景を見上げていましたが、心に浮かんでいたのは「まいりました」という気持ちでした。目の前の景色が生み出された長い時間、そして今目の前に立ちはだかる山々、調和のとれた美しい風景。自然に対する「畏敬の念」と言う言葉を改めて実感する深い時間でした。
CIMG5124-2.jpg

周りの山が映りこむ鏡のような湖、ミラーレイクです。面白い看板に誘われて思わず一枚!いたずら好きの一羽のカモのおかげで、静かな状態の風景をカメラにおさめるのに苦労しました。
CIMG5176-2.jpg

歩きやすく整備されていた登山道。木の橋は、滑りにくいように網が張られていました。雨の多い土地ならではの心配りです。10年ぶりのニュージーランドで一番驚いたのは、国立公園内でルピナスを見かけなかったことです。昔は色とりどりのルピナスの花が観光客の目を惹いていたのですが、その名残すらありませんでした。ルピナスはもともとニュージーランドにはなかった植物(外来種)で、ここ何年かで駆除が行われているそうです。ポッサムという動物も同じ理由で駆除の対象となっていました。また、外来種を持ち込ませない対策として、トレッキングのスタート地点で登山靴の消毒をされたこともありました。入国空港でも、登山靴やテントなどに土がついていないかのチェックを受けました(これは以前からありましたが、罰金が課せられるという厳しいものに変わっていました)。こういったシステムや景観から、ニュージーランドの環境に対する一貫した姿勢が感じられ、旅をしていて気持ちよかったです。
CIMG5114-2.jpg

シダの新芽です。先住民マオリの人たちはこれを「コル」と呼んでいます。「始まりや成長」を表すとされているそうです。
今回のニュージーランドの旅は、自然との付き合い方を深く考え、整理する時間になりました。私も、北海道でできることをしていきたい、そんな風に思ってます。
14 : 22 : 29 | 南へ | コメント(4) | page top
<<変身 | ホーム | 初冬の川>>
コメント
--まいりました--

ニュージランドの奥の深さを少し見せて頂きました。環境を守るために外来種の駆除、これが徹底されているなんて、その厳しい姿勢にも「まいりました」です。それにしても氷河・・・いいなぁ。乗ってみたい。
by: 9209 * 2006/12/21 15:05 * URL [ 編集 ] | page top
--いいんですよ、ホント--

他にも魅力的なコースがたくさんあります。氷河の上に立てる場所もありますよ。
ぜひ、いつか出かけてみてください。あ、一緒に行きましょうか(笑)!!
by: sayopochi * 2006/12/21 15:33 * URL [ 編集 ] | page top
--いつかきっと--

あ、ぜひぜひ一緒に。いつかきっと必ず!!「叶う夢」として大切にしておきますね。どんどんふくらみますね。問題はうん年後の私の体力かな?
by: 9209 * 2006/12/21 16:25 * URL [ 編集 ] | page top
--きっと大丈夫--

ニュージーランドも目標にしつつ、とりあえず、ゆっくりと大雪山を歩きましょう!
by: sayopochi * 2006/12/21 16:38 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する