FC2ブログ
ダルトンハイウェイ
2008 / 04 / 23 ( Wed )
1.2003年ユーコンリバーにかかる橋
ユーコンリバーにかかる橋
(2003年アラスカ・ダルトンハイウェイにて)

フェアバンクスの北から北極海へ伸びるダルトンハイウェイの写真を紹介します。

2.2003年ダルトン
ブルックス山脈
 ちょうど紅葉のピークだった。 
 ブルックス山脈は東西1000キロにも及ぶ北米大陸最北の山脈で、
 年間降水量は、わずか200~300ミリ。
(2003年アラスカ・ダルトンハイウェイにて)

3.1998年アティガンパス
北米大陸最北の山脈の峠を越える
(1998年アラスカ・アティガンパスにて)

4.2003年ダルトン (1)
ヒマラヤもこんな雰囲気なのだろうか?
(2003年アラスカ・アティガンパスにて)

5.2003年ダルトン (2)
パイプライン
 もともとパイプラインの工事用の道だったダルトンハイウェイは、パイプラインと
 ともに北へ向かって行く。
 トランス・アラスカ・パイプラインは、1968年に北極海沿いの村ポイントパローの
 320km東に位置するプルドーペイ沖の海底で発見された大油田兼ガス田から、
 太平洋側のアラス力湾に面した町バルディーズまでの約1280kmを結んでいる。
(2003年アラスカ・ダルトンハイウェイにて)

6.1998年ノーススロープ
ノーススロープ
 ブルックス山脈を越えると北極海まで北極斜面が続く。
 かつては海の底だったという北極斜面は、年間降水量が100~130ミリしかなく、
 学術的には砂漠に相当するが、様々なツンドラの植物が繁茂し、カリブーなどの
 野生動物が集まってくる。秘密は地下の永久凍土にある。
 ダルトンハイウェイの東側には、ツンドラの大自然の中に化石燃料が眠る
 北極圏国立野生生物保護区が広がる。
(1998年アラスカ・ノーススロープにて)

7.1998年プルドーベイ
終着地点にて
 この先は北極海が広がる。
 北極海の氷は、たくさんの氷が結合したもので群氷と呼ばれている。
 冬には厚さが3mを越えるという。
 北極海の氷は、氷の下を流れる海流と同じ方向、時計の針と同じ方向に向かって
 回転しているという。この冷たい海で、アザラシ、セイウチ、鯨などが暮らしている。
(1998年アラスカ・デッドホースにて)

08 : 53 : 06 | アラスカとユーコンの話 | コメント(0) | page top
<<風景 | ホーム | 太陽と月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する