FC2ブログ
キャンピング
2008 / 04 / 22 ( Tue )
2004年カナダ・ビッグサーモンリバー
キャンプ
 焚き火の煙がたなびく。
(2004年カナダ・ビッグサーモンリバーにて)

夏季に出掛けているアラスカでのツアーの1コマを紹介します。
今回はキャンプがテーマです。

1998年アラスカ・グレーシャーベイ
潮が引くと海岸線が遠くなる
 翌日は潮が満ちてくるのを待って出発しないと、長い距離を荷物を担いで
 歩かなくてはならなくなる。
(1998年アラスカ・グレーシャーベイにて)

1998年アラスカ・グレイシャーベイ/ビーチらしきものがなく崖の上にテントを張る
ビーチらしきものがなく崖の上にテントを張る
(1998年アラスカ・グレイシャーベイにて)

1998年アラスカ・グレイシャーベイ・ジョンホプキンスインレット/一晩中氷の割れる音が聞こえた
一晩中氷の割れる音が聞こえた
(1998年アラスカ・グレイシャーベイ・ジョンホプキンスインレットにて)

1998年カナダ・テスリンリバー/先輩ガイドのセインは真夜中に川を下るナイトパドリングが好きだった
先輩ガイドのセインは真夜中に川を下るナイトパドリングが好きだった
(1998年カナダ・テスリンリバーにて)

2007年アラスカ・バーチクリーク/夕飯つくり
夕飯つくり
(2007年アラスカ・バーチクリークにて)

2005年アラスカ・ジョンリバー/食器を洗うの図
食器を洗うの図
(2005年アラスカ・ジョンリバーにて)

2005年アラスカ・ジョンリバー/川原の夕べ
川原の夕べ
(2005年アラスカ・ジョンリバーにて)

2002アラスカ・チナリバー/焚き火は終わりがない
焚き火は終わりがない
(2002年アラスカ・チナリバーにて)

2007年アラスカ・バーチクリーク/雨降りもなんのその
雨降りもなんのその
(2007年アラスカ・バーチクリークにて)

1998年カナダ・テスリンリバー
時として大荷物となる
(1998年カナダ・テスリンリバーにて)

2004年カナダ・ビッグサーモンリバー
キャンプの一夜
 テントで寝静まった深夜、近づいてくる獣の足音、がりがりばきばきと木が折れる
 ような音が聞こえる。クマかと思って緊張して体が固まった。
 だがどうも襲ってくる様子は無いようだ。そのうち音の主は、テントの近くから
 遠ざかって行った。
 だがその後、再び音の主が近づいて来た。そしてまたばきばき。結局朝まで
 それが続いた。
 翌朝テントのすぐそばで、削られた木が倒れていた。結局ビーバーだったのだが、
 倒れた木につぶされなくて良かった。
(2004年カナダ・ビッグサーモンリバーにて)

2001アラスカ・プリンスウィリアムサウンド/野生化したメンバーが石を投げつけて失神させゲットしたサーモン
シャケとイクラ
(2001年アラスカ・プリンスウィリアムサウンドにて)
22 : 02 : 42 | アラスカとユーコンの話 | コメント(0) | page top
<<続・パドリング | ホーム | 続・野生の中で>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する