FC2ブログ
とある森の風景
2008 / 01 / 20 ( Sun )
CIMG0209.jpg

ひとしきり雪で遊んだ後、少し寄り道をしました。久しぶりにお気に入りの木に会いたくなったのです。風と雪が激しくなっていたのですが、針葉樹とダケカンバの森に入ると、嘘のように静かでした。他に人もなく、鳥の声も、動物の気配もありません。目指す木に向かい、黙々と登っていくと、いました、いました!うっすらと雪が積もり、いつものようにまっすぐ空に向かって、幹を伸ばしていました。実はこのダケカンバ、少し変わった形をしています。ずいぶん昔、何かのアクシデントで、傾いてしまったようですが、倒れて空を向いた枝が、幹のようにしっかりと成長していったのです。初めてこの木を見たときに、「生きる」たくましさを教えられた気がしました。それ以来、お気に入りの木として何度となく足を運んでいます。でも今日は、降りしきる雪のせいか、いつもより大きな存在感でたたずんでいるように見えました。やっぱりすごいなぁ~。
18 : 32 : 36 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
<<然別湖に雪と氷の村出現! | ホーム | 北海道を実感する風景>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する