エゾリスとネズミ
2012 / 03 / 31 ( Sat )
DSCN1682.jpg
森の中でみつけたエゾリスの食べ跡・・・。よく見ると、その周りをかこむように、小さな足跡がついていました。多分ネズミだと思います。エゾリスの食べ跡に、おこぼれを見つけようとしたのでしょうか。でも触ったような跡はありません。何を思いながら歩いていったのでしょう?勝手な想像をして、笑ってしまいました。
続きを読む
12 : 07 : 47 | 山歩き | コメント(0) | page top
桜開花!
2012 / 03 / 30 ( Fri )
DSCN1700.jpg
我が家の桜が咲きました。家の中で育てている盆栽です。
今年最初に咲いたお花は、いつもより、薄いピンク色で、小振りなお花。控えめな感じで、うつむき加減に開花しました。まだ家の周りは雪景色。白と茶色の世界の中、淡いピンク色のお花をながめ、心が温かくなりました。
18 : 00 : 33 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
探険!鹿追の林
2012 / 03 / 28 ( Wed )
DSCN1676.jpg
そろそろどこかでフキノトウかフクジュソウでも・・・と、探険に出かけてみました!が、まだ一面雪景色・・・。畑の雪解けも遅いようで、いつもならみかけるハクチョウたちの姿もありません。彩りの春まで、もう少しじらされそうな感じですね。
ただ、シジュウカラやエナガ、アカゲラなど、お馴染みの鳥たちの動きは活発です。しばらくは、スノーシューを履いての、バードウォッチングが楽しそうですよ。
18 : 09 : 40 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
待ち遠しい
2012 / 03 / 24 ( Sat )
DSCN1674.jpg
我が家の桜の盆栽に、春を感じるようになりました。緑の中に見え始めたピンク色。毎年、楽しみにしているお花のつぼみが顔を出し始めたところです。例年よりゆっくりペースですが、開花の時が近づき、毎日ワクワクしています。
でも、今日も窓の外は雪模様・・・。来週末からは低温注意報も出ています。今年の山の雪解けは遅いかな・・・。
11 : 19 : 18 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
ヤナギの春?
2012 / 03 / 20 ( Tue )
DSCN1669.jpg
川沿いのヤナギの木。白い芽がふわふわと顔を出し始めていました。暖かい日が続き、目覚め始めたのですね。
と、春を感じながら写真を撮ったのは、昨日のことでした。まさか今日、吹雪の一日になるとは・・・。毎年のことと思いつつ、一気に戻ってきた冬にびっくりです。天気予報によると、今日と明日は、冬の気分で過ごした方がよさそうです。
季節の変わり目、森の生き物たちを見習って、柔軟に対応していかないと・・・。
18 : 19 : 02 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
春を感じる雪の森
2012 / 03 / 16 ( Fri )
DSCN1621.jpg
お天気が良さそうだったので、スノーシューを持って、森を歩きに行きました。
陽射しが暖かくなり、春を感じる雪の森。双眼鏡片手に、(いつも以上に)のんびりと、過ごすことができました。この日の森は、慌ただしく枝先を動き回り、食事をするコガラやヒガラの姿があちこちに・・・。あまりの忙しさのためか、私のことなど気にせずに、近くの枝をついばんだりもしてました。ちょこちょこ動く小さな姿はいつまでも眺めていたい可愛らしさ・・・。春っていいですね~。
雪面に映る木の影も、なんとなく春らしい暖かさを感じるようになってきた・・・そんな気がします。少しずつ私が春気分になってきているからかもしれませんね(笑)
続きを読む
07 : 09 : 51 | 山歩き | コメント(0) | page top
東雲湖スノーシューツアー3/8
2012 / 03 / 09 ( Fri )
DSCN1596.jpg
この日は気温が高く、然別湖の上は、濃霧で真っ白でした。湖上を進み然別湖から離れ、森の中に入る頃には視界が開けてきましたが、足元も頭上も降ったばかりの雪がたっぷり・・・。そして東雲湖に着く頃には青空が見え始め、雪をまとった山がキラキラ輝いて、とってもきれいでした。いつもは雪が飛び、氷が見えていることが多い東雲湖なのですが、この日は雪深く、ラッセル状態。同じ3月でも、でかけるたびに違いますね。
お昼ごはんを持って、1日のんびりと過ごした東雲湖ツアーでしたが、いろいろなお天気があり、それに合わせて刻々と表情を変えていく山や森に会え、印象的な時間でした。
続きを読む
12 : 10 : 07 | 北海道のツアー | コメント(0) | page top
湿り雪
2012 / 03 / 07 ( Wed )
DSCN1509.jpg
昨日から、湿り気たっぷりの雪が降り続いています。重たい雪なので、除雪は少々大変です。とはいえ、降ったそばから融けていく雪も多いので、思ったほどの積雪ではありません。
ふーっと息を吹きかけると飛んでいく、冬の雪が懐かしいです・・・。
春を感じる湿り雪。後で雪だるまでも作ろうかな。
10 : 12 : 07 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
十勝川河口 バードウォッチング
2012 / 03 / 05 ( Mon )
DSCN1540.jpg
冬の然別湖に通って来ていただいて、早15年?以上・・・というKさん。
この3月は、連泊の中日を利用して、十勝川河口付近にバードウォッチングに出かけることにしました。晴れの天気予報だったのですが、予定外の雪。畑もまだ真っ白で、期待した鳥の姿はなかなかありません。少し時期が早かったかな~?と思いながら、たどりついた漁港で、ようやく会えました(笑)。まず、目に飛び込んできたのは、ぷかぷか水に浮かぶたくさんのスズガモ、ホオジロガモ。そして、オオワシの堂々とした姿。さらに、オオハクチョウ。そして、お昼ごはんを食べながら、鳥たちの様子を眺めていたら、タンチョウヅルが2羽舞い降りました。だいぶゆっくりと時間を過ごしたのですが、どこを見たらよいのか悩むくらい、鳥たちでにぎやかな場所でした。
これから雪解けが進むと、みんなそれぞれ移動して、繁殖の地を目指していくのですね。こんなバードウォッチングは春や秋の楽しみですが、彼らの旅が順調であることと来年の再会を、いつも願わずにはいられません。
続きを読む
12 : 02 : 43 | 北海道のツアー | コメント(0) | page top
森の中はゆっくりと春
2012 / 03 / 04 ( Sun )
CA3E0067.jpg
風が冷たいけれど、陽射しは柔らかく・・・春ではないのですが、冬でもないような気がする、近頃のスノーハイキングツアー。
今日は歩き始めから、ヒガラやコガラ、ゴジュウカラの歌声がたくさん聞こえていました。森の中で、立ち止まると頭上から鳥の声。双眼鏡を使わなくても、枝から枝へと飛び回る、可愛らしい姿を見ることができました。よく見ていると、2羽で追いかけっこのような動きをしている鳥もいます。
少し歩き、また耳をすましてみましたが、やっぱりにぎやかな鳥の声。その声に混じり、今度はゴツッ、ゴツッという音も聞こえてきました。キツツキです。アカゲラ?ヤマゲラ?、どのキツツキかな~と思いつつ、目をこらしてみたら、クマゲラでした。黒い体に真っ赤な頭。一生懸命、木の皮を剥ぎながら虫を食べています。久しぶりにじっくりと姿を見せてもらうことができ、感動しました。今さらですが、本当に大きなキツツキですね。その姿を見ながら、クマゲラが暮らしていくために、どれだけの木、虫が必要なのか、どれだけの森が必要なのか、思いを巡らせてみました。
クマゲラにとってこの森は、暮らしやすい場所なのかな・・・。そうだとすればきっと、小鳥や動物にとっても住みやすい森ですね。そうだといいな。
16 : 41 : 54 | 北海道のツアー | コメント(0) | page top
夕暮れの然別湖 スノーシューハイキング
2012 / 03 / 02 ( Fri )
DSCN1503.jpg
今日は、雲が多く、少し風が吹いていて、なんとなく肌寒く感じる空模様。それでも歩いているうちに、少し汗ばんできました。昨日ほどではありませんが、今日も気温は高めだったようですね。
岬をまわりこみ、風を避けられそうな場所で、コーヒータイム。雪の上に座り、おしゃべりをやめると、とっても静かで、驚きました。ホテルはすぐそこなのですが・・・耳をすましてみても、風の音や木のすれる音がかすかに聞こえるだけでした。こんな静寂は、本当に心地よいですね。
帰り道、太陽が山の稜線近くに傾くと、筋状の雲に光が反射して、空が幻想的に輝きました。
続きを読む
21 : 35 : 07 | 北海道のツアー | コメント(0) | page top