高原沼巡り
2011 / 08 / 25 ( Thu )
CA3E0042.jpg
雨が降ったり、霧がたちこめたりと、すっきりしないお天気が続いています。長期予報の晴れマークも、日々、ずれこんで、いつまでこのお天気が続くのか・・・。
そんなお天気の合間をぬって、大雪山・高原沼へ出かけてきました。天気予報は、十勝よりも北の方が良さそうとのこと。小雨降る三国峠を越えると、予報通り雨が上がっていました。ピンポイントであたった天気予報に、思わずにんまり。
続きを読む
10 : 48 : 30 | 山歩き | コメント(0) | page top
野菜天国
2011 / 08 / 22 ( Mon )
CIMG9124.jpg
農家さんの畑、家庭菜園・・・あちこちで、いろいろな野菜の収穫時期を迎えている北海道・十勝。野菜を贅沢に、たっぷりと食べられる幸せな季節です。
昨日は、朝から友人がトウキビをたくさん持ってきてくれました。8月の嬉しい味覚です!そして、同じ日の昼間には、玄関にカラフルな野菜が・・・。袋をのぞいてみると、トマト、ゴーヤ、ピーマン、オクラ、美味しそうな野菜がいっぱい入っていました。いったい誰が?、Gさんとあれこれ話しつつ、思い浮かぶ人に連絡を。送り主と連絡がとれ、ほっと一息でした。こんな風に時々、笠地蔵がやってきたのでは?というようなこともあったりします。何はともあれ、手間をかけて育て、収穫したお野菜のおすそ分けはありがたい贈り物です。ありがとうございます。
我が家の家庭菜園は、大根が収穫時期。漬け物にしたり、煮物にしたり、サラダにしたり・・・、大根料理に思いを巡らす毎日です。
09 : 45 : 19 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
大雪山~赤岳から白雲岳へ
2011 / 08 / 20 ( Sat )
CIMG9096.jpg
2つのお花に会いたくて、赤岳から白雲岳を歩いてきました。そのお花は、クモイリンドウとリシリリンドウ。ここ数年、毎夏、同じルートを通っています。今年は、例年より少し遅いタイミング。「1株でも見つかるといいのだけど・・・」。
山の上では、コケモモやナナカマドの実が色づき始めていました。吹く風は冷たくて、のんびり休んでいると身体がヒンヤリしてきます。
続きを読む
06 : 06 : 38 | 山歩き | コメント(0) | page top
タコライス
2011 / 08 / 19 ( Fri )
CIMG8991.jpg
昨晩、Gさんが作ってくれたタコライス。色合いがカラフルで、タマゴの下には野菜がいっぱい!見た目も、食べても、楽しい料理でした。もちろん、美味しかったです。また、よろしく~。
19 : 53 : 14 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
笹舟カヌー
2011 / 08 / 16 ( Tue )
CIMG8905.jpg
アナログ放送終了とともに、テレビのない暮らしになりました。本当にテレビは映らなくなるのか?(やっぱりそうなりました)、テレビはなくても良いのではないか?(現在お試し期間中です)など、いろいろ思いつつ、今に至っています。テレビのない生活も3週間と少しが過ぎたのですが・・・、本を読む時間が増えました。静かな夜の時間に、好きな音楽を聴きながら、写真集や絵本のページをめくる・・・これがなかなか贅沢な時間に感じています。まだ、しばらくは、テレビがなくても平気かな。
近頃のお気に入りは、笹舟カヌーの絵本。藤岡牧夫さんの絵に、野田知佑さんの文章が添えられた、水辺の旅の絵本です。野田さんとガクが笹舟カヌーで旅する世界は、ワクワクドキドキの連続です。「あ~こんな風景の中、漕いだことがあるな~」、「こんな冒険、してみたい~」、「えっ?そんなカヌーもありますか!」。気づくと、幸せいっぱい、夢いっぱい、ニヤニヤしています。
08 : 59 : 40 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
東ヌプカウシヌプリ・・・誘惑が多くて
2011 / 08 / 15 ( Mon )
CIMG8891.jpg
家の玄関を出ると見える、然別湖の山々。お天気を見てから、ぱっと出かけられる身近なフィールドです。
低気圧が通過中だったこの日は、風が強く、雲が山の上をどんどん流れているような状況でした。山はお天気の良いことばかりではないし・・・と思い、東ヌプカウシヌプリにトレーニングを兼ねて出かけることにしました。いつもは、のんびりと、森の様子やお花、鳥、動物の気配を探しつつ歩くのですが、この日は身体に少し負荷をかけるため、「寄り道はいっさいなし!ひたすら登る」と決めて出かけました。登山口に到着すると、強風にあおられて、パラパラと雨も・・・。トレーニングにはちょうど良いコンディションかも!と勇んで、いざ出発。
続きを読む
08 : 59 : 27 | 山歩き | コメント(0) | page top
エゾリスが・・・
2011 / 08 / 13 ( Sat )
CIMG8893.jpg
然別湖周辺の山を歩いていたときのこと。
いつものように、「苔がきれいだな~」と森を眺めていたら、すぐ近くの枯れ木から、エゾリスがするすると降りてくるのに気づきました。近くに冷たい水が流れているので、きっと水を飲みに来たんだな~、それにしても、私に気づかないのかな?しばらく、様子をみていたのですが、私のことは気にも留めず、降りてきます。もう少しで地上に・・・というところで、ようやく「はっ!?」とこちらを見てくれました・・・。
私もびっくりしましたが、エゾリスはもっともっとびっくりしたようです。
続きを読む
06 : 40 : 28 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
富良野岳 山登り
2011 / 08 / 11 ( Thu )
CIMG8699.jpg
花の山として知られる富良野岳。さて、今日はどんなお花に出会えるのでしょうか・・・期待いっぱい、出かけてきました!
この日も朝から陽射しが強く、汗もいっぱいかきました。ここのところ、「暑い・・・」と口にしない日はないですね。
続きを読む
08 : 16 : 02 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
今日の・・・カヌーで遊んで朝ごはんツアー
2011 / 08 / 08 ( Mon )
CIMG8589.jpg
今日は立秋。暦の上ではもう秋・・・。でも暑いです。今日も気温30℃を越えたでしょうか。こんな毎日に、つい「暑い」と口にしてしまいますが、朝晩は涼しい風を感じます。やっぱり北海道ですね。
山の上の湖、然別湖も朝晩は涼しいです。というより、油断すると寒いかもしれません。朝5時スタートのカヌーツアー「カヌーで遊んで朝ごはん」で出会う然別湖も、けあらしが立ちこめるようになりました。気温が下がっている証拠です。朝の間だけですが、秋を感じます。いつ出かけても良いのですが・・・この朝も幻想的で、きれいだったな~。
続きを読む
14 : 40 : 30 | 北海道のツアー | コメント(0) | page top
石狩岳登山口林道
2011 / 08 / 06 ( Sat )
CIMG8568.jpg
石狩岳、シュナイダーコース登山口に至る林道が通行止めのため迂回路利用、ということで、この迂回林道の下見に出かけてきました。
ところどころ砂利の深い場所がありますが、ゆっくり走れば問題なさそうな道でした。ただ、道幅が狭いので、対向車に出会うとすれ違いができません。万が一、対向車と出会ってしまったら、300m~600mおきにある待避所まで、どちらかがバックしなくてはなりません。対向車がないことを祈りながら走りましたが、この日は運良く?、2台の車とすれ違っただけでした。
国道入り口から登山口まで、ゆっくり走って30分。途中、道の上に落ちていたクマのものらしき糞、エゾクロテンの子どもとの出会いもありました。そして、登山口からは、石狩岳の稜線が美しく聳えていました。こんなに天気が良いのなら、登る準備をしてくれば良かったと少々後悔・・・。登山は次回ということで。
続きを読む
06 : 29 : 39 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
ユニ石狩岳 山登り
2011 / 08 / 04 ( Thu )
CIMG8437.jpg
今日は、大雪山鳥獣保護区管理員のお仕事で、ユニ石狩岳まで歩いてきました。月に数回、国の鳥獣保護区にあたる場所を歩き、フィールドの状況を確認したり、その時みかけた鳥や動物の種類や数を記録するという仕事です。
お客さまとワイワイ山を歩くのも好きなのですが、1人で鳥や動物、花(花は仕事ではありません)を見つけ、写真に撮りながら歩くひとときもなかなか・・・。
7月は、他エリアを歩くことが多かったので、ユニ石狩岳は1ヶ月ぶり。7時30分、歩き始めの頃は、鳥たちの声もたくさん聞こえていたので、なかなか先へ進めませんでした。そして、針葉樹の森の苔はしっとりふわふわ。風穴からも、いつも通り冷たい風が吹き出していて、気持ち良かったです。暑い日は、この森から先へ進めなくなってしまうんですよね~。ということで、いつも以上ののんびり登山になりました。
続きを読む
18 : 26 : 09 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
然別湖・カヌーで遊んで朝ごはんツアー
2011 / 08 / 03 ( Wed )
CIMG8404.jpg
昨日、朝5時の然別湖です。湖面は水鏡。まわりの森から聞こえる野鳥の声と魚のライズ音だけが響く、静かな朝でした。この風景の中に身を置くと、すーっと自然に溶けこんで、心地よい気分になってきます。「早起きして良かった~」、心からそう思う時間です。
続きを読む
06 : 34 : 50 | 北海道のツアー | コメント(0) | page top