また春が来た
2008 / 03 / 31 ( Mon )
CIMG0819.jpg

春になったり、冬になったり・・・。めまぐるしく風景が変わる今日この頃。まさにこのとき、遊びに来てくださったお客様がいらっしゃいました。事前のやりとりでは、「もうすっかり春の陽気です!」といいつつも、「ゴールデンウィークまでは雪が降ることもあるので、防寒もしっかりと・・・」と、念のため。さて、そのお天気はいかに!
それまでは、雪の予報すらなくポカポカ陽気が続いていたのですが、ご到着の日から雪混じりの肌寒い気候に逆戻り。なんと、雪景色の中、スノーシューを履いて、散策することができました。思いがけず、今年最後の雪と氷の風景を堪能していただけたようですが、少し寒かったでしょうか。そして最終日は、ふたたび春へと大変身。「昨日までどこにいたの?」と思わず話しかけてしまうほど、アカゲラ、コゲラ、キバシリ、エナガ・・・たくさんの鳥たちも姿を見せてくれました。しゃきっと開いたフキノトウやフッキソウも気持ちよさそうで、最後は、穏やかな春をのんびりと過ごしていただきました。
さて、明日はまたまた雪予報。もう、真冬とは違いますが、こうして、白い雪の風景を楽しみながら、どんどん春が広がっていくのでしょうね。
12 : 27 : 31 | 北海道のツアー | コメント(2) | page top
春にはこんな日も
2008 / 03 / 27 ( Thu )
CIMG0788.jpg

昼過ぎから降りだした雨が、夕方、雪に変わりました。次々と降りてくる雪がうっすらと積もり、畑や森は、白い世界に逆戻り。一面白い世界は、こんなに明るいのか・・・と、しみじみ楽しませてもらいました。
きっと、雪が止み、日が射したら消えてしまう、一瞬の雪景色。冬とはちょっと違う、春の雪の日です。
19 : 15 : 46 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
気づけば新緑
2008 / 03 / 26 ( Wed )
CIMG0769.jpg

枝いっぱいの桜の花に見とれていたのもつかの間、枝先から淡い緑の葉っぱが開いてきました。新緑です。今年の我が家の桜は、一気に花開き、新緑へとバトンタッチしていくようです。次の楽しみは、やはり、鹿追のフィールドに咲く、エゾエンゴサク、ミヤマエンレイソウ、ヒメイチゲ、コブシ、エゾヤマザクラ・・・(書き出すときりがありません)。今年は、いつごろ、どのように楽しませてくれるのでしょうか。たくさんの植物が花から新緑へと、一気に季節を展開していく時を思うと、ドキドキしてきます。
お知らせです。
春のツアーに引き続き、「夏、秋のツアー予定」をホームページにアップしました。初夏、盛夏、秋へと思いをめぐらせながら、季節ごとのオススメしたいフィールド、ツアーをまとめてみました。よろしければ、ご覧下さい。
http://www.boreal-forest.jp
13 : 57 : 30 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
少し早い、春三昧その①
2008 / 03 / 21 ( Fri )
IMGP2562.jpg

フキノトウを見つけたら、やっぱり食べてみたいもの・・・。天ぷらとフキ味噌で味わう分を、少しだけいただいてきました。やっぱり、フキノトウの香りとほどよいにがみは、春を代表する味ですね。口から鼻へ、春が広がりました。桜を見ながら、フキノトウを食べる・・・。これで、ようやく春の気分になってきました。
とはいえ、春本番はまだこれから!森で、水辺で、いっぱい遊んで、いっぱい食べるぞ~。
11 : 36 : 52 | 北海道の出来事 | コメント(4) | page top
サクラサク
2008 / 03 / 20 ( Thu )
CIMG0758.jpg

今年も咲いた、我が家の「よん桜」。淡いピンクが、きれいです。
ここのところ続いている冷え込みが気になりますが、しばらく花見が楽しめそう・・・。
さて、桜を愛でつつ、何をしましょうか。

それにしても、数日前の宴会に間に合わなかったのが、ちょっと残念!


14 : 50 : 10 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
ちょっとひと休み
2008 / 03 / 17 ( Mon )
CIMG0713.jpg

うりまく道の駅へ向かってドライブ中、茶色い畑に白い点々を発見しました。「もしや!」と思い、見てみると、やっぱりオオハクチョウ。「ようこそ、鹿追町へ」と、思わず声をかけたくなるような瞬間でした。毎日、空を飛ぶ数羽の姿は、見かけていたのですが、鹿追の畑で見たのは今年初めて。iさんのカウントによると、約60羽いたようです。畑でえさをついばんだり、ゆっくり羽を休めたり、それぞれ気ままに過ごしているようでした。今日はこのまま、ここでゆっくりするのでしょうか。きっと長居はせずに、次の場所へと飛んでいくのでしょうね。みんなで時間を忘れて見入ってしまった、楽しい光景でした。
長い旅をする鳥たちにとって、人の生活と密に結びついた自然も、大切な場所になっているんですね。
10 : 58 : 14 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
生花苗沼
2008 / 03 / 14 ( Fri )
oikamanai2.jpg

南十勝、太平洋沿いの海跡湖、生花苗沼(オイカマナイトー)。下見をかねて、ドライブしてきました。まわりの雪はずいぶん少なくなっていましたが、沼にはまだ氷が・・・。青と白が美しい、静かな風景でした。
沼の上では、海からの風に、身を縮めながら、釣りを楽しむ人、数人。そのおこぼれを狙って大忙しのカモメとカラス。そういえば道の途中でも、たくさんのトビとカラスを見かけました。他にはオジロワシの子供、タンチョウヅルの夫婦など・・・、鳥たちは活発な季節を迎えているようです。
青空にひときわ美しかったのが、上空を飛んでいく9羽のハクチョウの姿。また来年の冬もここに帰って来てくれるといいなぁと思いつつ、冬の終わりを感じました。
11 : 05 : 11 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
雪が・・・
2008 / 03 / 11 ( Tue )
shinonomeharu.jpg

凍った然別湖の上を横断し、森の中をぬけたところにある、小さな湖、東雲湖。
然別湖上の雪紋、真っ白なウペペサンケ、少しだけ顔を出した岸辺の青い氷、小さなアカエゾマツの林・・・。いつものように道中は、魅力的な風景が詰まっていました。ただ、雪が少ない今年は、雪の上に頭を出した植物をたくさん見かけました。これから先、強い寒気が入ってきたら、枯れてしまうかもしれません。そんなことを思ったら、ちょっと心配になりました。

3月中旬とは思えない暖かさに、植物や動物、鳥たちの心配をしながらも、どんどん近づいている春に「待った!」をかけたい気持ちも抱えている今日この頃です。
18 : 20 : 54 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
こっそり隠したのかな?
2008 / 03 / 07 ( Fri )
akaezo.jpg

阿寒、アカエゾマツの森。
空に向かってまっすぐのびる、美しい木肌のアカエゾマツが大好きで、ここに来るといつもほっとします。
今日は、マツの幹の途中に、不思議なものを見つけました。
マツボックリです。どうしてこんなところに?
リス?鳥?人?誰かのいたずらだったのでしょうか?
17 : 56 : 03 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top