湿った雪
2007 / 01 / 31 ( Wed )
CIMG5471-1.jpg

今日は朝から雪でした。気温が高かったので、こんな日の雪の形は・・・とまたまた「雪の結晶観察」。ところが、湿ったかたまりで落ちてくる今日の雪は、見ようとするそばから融けてしまい、上手に見ることができません。積もった雪をすくってみたら、雪玉ができました。まるで春先のようです。近いうちに寒気が入ってくるという天気予報ですが、どんな2月になるのでしょうか。まぁせっかくなので、今日は雪だるまを作ってみました。いつもとは違った雪をいじっていたら、どんどん大きな雪玉になってしまい、鹿追に住み始めて初めての雪だるまが出来上がっていました。私は、関東地方からの移住組なので、実は家の前に雪だるま!という絵は憧れのひとつ。かわいい雪だるまに満足しつつ、寒い2月を願った一日でした。
18 : 42 : 28 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
ふわふわの雪
2007 / 01 / 28 ( Sun )
CIMG5443-1.jpg

ふわふわの雪が降り続き、濃い緑だった針葉樹の森が、白い世界へと変わっていました。とても美しかったのですが、風景を一変させてしまう雪に驚きと、怖さも感じました。雪は奥深い、そう思います。
こんなふわふわの雪の日オススメの過ごし方に、結晶の観察があります。雪の正体が、いくつにも枝分かれしたきれいな結晶だからです。今日も家の前で、ルーペ片手にしゃがみこみ、しばし結晶観察を楽しみました。通りかかった友人をギョッとさせつつも、いろいろな形の結晶に、興味津々、思わず夢中、そんな時間でした。やっぱり雪の世界は奥深く面白い!さて、結晶観察に満足したら、森へ出かけないともったいない!身体を動かしたい!そろそろパソコン前から脱出しようかな。
11 : 54 : 30 | 北海道の出来事 | コメント(4) | page top
然別湖コタン開村
2007 / 01 / 22 ( Mon )
CIMG5426.jpg

こつこつと大勢の人たちの手で作ってきた白いイグルー村、「然別湖コタン」が開村しました。真っ白な雪の建物と透明な湖の氷に囲まれた世界は本当に美しく、特別な空間になりました。開村前、朝も昼も夜も雪のブロックを積み上げ、氷を削り、貼り付けてと、目の前の作業に集中した時間が続いていたのですが、出来上がった建物全体を見てそのすごさにびっくり!人間のパワーと自然からの素晴らしい贈り物に感動しました。まだまだ、寒さと雪がある限り、村にイグルーが増え、にぎやかになる予定です。でもとりあえず、厳しい寒さがあるうちに、湖上の露天風呂で暖まり、アイスバーでゆっくりと飲んで、イグルーに泊まって氷の音を楽しまなくては!
17 : 45 : 50 | 北海道の出来事 | コメント(4) | page top
冬の醍醐味
2007 / 01 / 12 ( Fri )
IMGP0974-1.jpg

今月20日から始まる「然別湖コタン」建設のお手伝いをしてきました。然別湖コタンは、全面凍結した湖の上に、然別湖の雪と水から作ったイグルーが立ち並ぶ、冬だけの村を楽しんでもらうイベントです。アイスバーや氷上露天風呂がその代表的なものです。今年も純白の空間で美味しいお酒を飲み、満天の星空の下、あったか~い露天風呂に入ることを楽しみに作業をしています。しかし今は、一日中、雪や水と戯れて、気づけば全身氷漬け。夕方にはウェアーがバリバリになり、ロボットのような動きになっていることも。寒い中での力仕事には、あまりいいイメージが浮かばないかもしれませんが、わくわくすることもたくさんあります。作業の合間、山の稜線に樹氷が輝いていることを発見したり、上空を旋回するオジロワシにドキドキしたり、たくさんの種類の雪の結晶を見ることができたり・・・。ずっと外にいると一瞬の風景をあちこちに見つけることができるのです。もちろん、よく知る人や初対面の人などたくさんの人達と話をしながら、ひとつのものを作り上げるという点も欠かせない楽しみのひとつです。
15 : 00 : 20 | 北海道の出来事 | コメント(0) | page top
黒い氷
2007 / 01 / 09 ( Tue )
CIMG5330-1.jpg

上手くタイミングが合うと楽しめる、期間限定の風景を満喫してきました。黒い氷です。雪に降られず透明なまま凍りついた湖の風景です。湖が深いため、漆黒の世界が広がっているように見えるのです。じっくり見ると、氷に閉じ込められた水草や渦巻く気泡など小さな発見もたくさんあり、時間を忘れ見入ってしまいました。氷を見ている間は、「ホワンホワンホワン」、「ピシッ」、「ビュン!」など、氷の音も鳴り響いていました。この音を聞くと、ガッチリ固まっていると思っていた足元の氷に、軟らかさと息遣いを感じます。時々響くひときわ大きな音には背筋が凍る思いをしましたが、にぎやかな氷の音楽会と氷の美に今年も出会えてよかったです。天気が荒れる前に誘ってくれた友人に感謝感謝。
15 : 23 : 23 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
大荒れの一日
2007 / 01 / 07 ( Sun )
CIMG5368-1.jpg

パワフルな低気圧の影響で、朝から風が吹き荒れていました。「どこまで強くなるのだろう」と思っていた矢先、停電になりました。とりあえずガスは使えたのでなんとかなるだろうと思っていたのですが、普段どおり動こうとすると、いちいち不便なことに気づきました。牛乳を温めようと思っても電子レンジは使えない。おもちを焼こうと思ってもトースターが動かない。じゃあお鍋を洗ってしまおうと思ったら、お湯も出ません・・・。仕方なくトイレへ向かったら、便座の冷たさにびっくり!あきらめてストーブの前で休もう!と思いきや、ストーブも消えていました。ただたくさんの服を着込み、本を読むしかありませんでした。これでガスも切れたら、キャンプ道具を出してくるしかないなあ・・・と笑って話していましたが、内心、早く電気が復旧しないかと、そればかり考えていました。こんなにも電気に頼った生活をしていたとは・・・。約9時間後、電気が戻ってきた時は、拍手バンザイをして喜びました。しかし、まだ電気が復旧していない地域もあるようで、早く復活することを願うばかりです。
どうしてか、停電時間を過ごす友に選んでしまった本が「決定版雪崩学」。冴えた頭にしみました。
20 : 32 : 09 | 北海道の出来事 | コメント(4) | page top
あけましておめでとうございます
2007 / 01 / 02 ( Tue )
CIMG5294-1.jpg

あまりにもお天気が良かったので、然別湖へドライブしてきました。青空が美しい、ぽかぽか陽気でした。湖は川の流れ込み部分を除き、ほとんど凍っているように見えました。軽いドライブのつもりだったのですが、雪が光る山々を見ていたら登りたい気分になり、白い湖面を見ていたら、どこまでも歩いていきたい気分になってきました。でも今日は、「今年もいっぱい遊ばせてください」と挨拶まで・・・。とりあえず、持参した紅茶とクッキーを食べながら、今年初然別湖を満喫しました。
15 : 33 : 47 | 北海道の出来事 | コメント(6) | page top