変身
2006 / 12 / 27 ( Wed )
CIMG5290-1.jpg

私の頭の中にはいつも気になっている森や川、山があります。さらにその中には、一年を通して何度も足を運んでいる特別な場所があります。出かける度に違った表情を見せてくれるので、行かずにはいられないのです。自然の楽しみ方はいろいろですが、季節を変えて同じ場所を訪れる、これがオススメのひとつです。花や新緑、紅葉、雪景色、季節ごとに驚くような発見がありますよ。
写真は、冬の線香花火!なかなか風情がありました。食べると美味しく、秋の実の頃も美しい、冬のウドの姿です。他にも、「これは何だったんだ??」といった植物もあり、探偵気分で植物図鑑を読みあさりました。それでもわからなかったクイズの答えは、来年の春に明らかにされるでしょう。
12 : 23 : 32 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
突然ですが・・・その2
2006 / 12 / 21 ( Thu )
CIMG5184-2.jpg

ニュージーランドにも行ってました。両親との3人旅です。
ここは、いろいろな表情の自然景観がぎゅっと詰まった国。しかもそんな自然を楽しめるトレッキングコースがたくさんあります。私にとっては10年ぶりのニュージーランド。自分が久しぶりのあの国で、何を感じるのかも楽しみの一つでした。

写真は、移動の途中に見かけた「ニュージーランドの交通渋滞」です。羊の群れに出会った車はゆっくりとでも動き続けなくてはいけないのだとか。車が止まってしまうと羊もどうしたらいいのか分からなくなって止まってしまうのだそうです。
続きを読む
14 : 22 : 29 | 南方見聞記 | コメント(4) | page top
初冬の川
2006 / 12 / 18 ( Mon )
CIMG5273-1.jpg

冬の水辺は楽しいです。行くたびに面白いものを発見できる、そんな気がする場所なのです。いろんな形の薄氷、雪に映る木の影、通り過ぎていった動物の足跡・・・、今日も、然別川の岸辺で初冬のひと時を楽しませてもらいました。風は冷たいのですが、きれいな青空が広がる十勝晴れの一日でした。
15 : 11 : 21 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
突然ですが
2006 / 12 / 11 ( Mon )
20061211133334.jpg
沖縄に行ってきました。
青い海、白い砂浜・・・そんな映像を眼にするたびに、行きたいと思っていた場所。冬が近づいてくると心に浮かぶ、そんな場所。もし沖縄に行くのなら、海の時間をたっぷりと味わえそうなシーカヤックとキャンプを楽しみたいと心に決めていました。今回は、そんな願いがすべて叶い、慶良間諸島での2泊3日、シーカヤックツアーに参加することができました。北海道とは違う自然、そして食べ物、文化を満喫すべく、一日がかりの移動でたどり着いた沖縄でした。
続きを読む
15 : 28 : 27 | 南方見聞記 | コメント(4) | page top
雪景色
2006 / 12 / 10 ( Sun )
CIMG5227-1.jpg

朝、カーテンを開けたら、真っ白な雪景色でした。
ふわふわの雪が枝先まで覆う静かな風景。なかなか雪が降らない!と、つまらなく思っていたところだったので、今朝の景色はわくわくするものでした。
鳥達が木から木へと飛び移るたびにはらはらと舞い落ちる雪。「もう少し静かに移動できないのかなぁ」、ついつい小鳥たちに注文をつけたくなってしまいました。
22 : 19 : 10 | 北海道の出来事 | コメント(8) | page top
お山を見上げて
2006 / 12 / 06 ( Wed )
CIMG5225-1.jpg

地元、鹿追の町から見るお気に入りの風景のひとつ、大雪山国立公園の入り口、然別湖の山々。
「新緑はどこまで上っていったかな?」、「紅葉はどこまで下りてきたかな?」などなど、この山の色づき具合を見ながら季節の移ろいを楽しんでいます。
今は、「雪はどれくらい降っているかな?」、「然別湖コタンの建設作業はいつ頃から本格化するのかな?」といったところです。毎日気になる山の色と天気の長期予報。そろそろ、冬用装備をそろえておこうかな。
15 : 57 : 47 | 北海道の出来事 | コメント(2) | page top
赤い実
2006 / 12 / 04 ( Mon )
CIMG5221-1.jpg

ずいぶんと寒くなりました。気楽に外へ出られなくなりましたが、気合をいれて出かけると寒さが心地よく感じます。やはり、私は「北」好きの人間のようです。今日は、地元の自然体験プログラムの下見で、少し町内を巡りました。広葉樹はすっかり葉を落とし、森は落ち着いた色合いになっていましたが、そんな中、赤い実をつけた木を見つけました。ツルシキミという、つる性の植物に巻きつかれた木です。赤い実が冬の青空に映えてとてもきれいでした。そしてこの実を食べにどんな鳥がやってくるのか、この実はいつまでここにあるのか、ちょっと興味をそそられました。それにしても、支えとなっている木より強そうなツルシキミ。共倒れにならなければいいなあ。
20 : 54 : 23 | 北海道の出来事 | コメント(3) | page top